会計研究リポート

MJS税経システム研究所・会計システム研究会の顧問・客員研究員による新会計基準や制度改正等をできるだけわかりやすく解説した各種研究リポートを掲載しています。

1014件中 (1 - 10件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ > 最後 >>
1.販売量を増加せず目標利益を確保する方法このシリーズの(12)では、
NPO法人における受取寄付金の会計処理としては、次のようなケースが考えられます。現金または預金により寄付を受ける場合creditcardにより寄付を受ける場合寄付を仲介する団体を通じて寄付を受ける場合寄付に対して返礼品を提供する場合現物で寄付を受ける場合換金型の現物寄付を受ける場合遺贈寄付を受ける...
リース取引に関わる開示事項
1.企業経営におけるESGの重要性企業は、長きに渡って営利を追求することを目的とする組織として位置づけられてきました。事業活動を通じて利益を創出し、そこで生み出された利益を新たな事業に投じることで、より大きな事業を営むことのできる組織へと進化を遂げていく。それが企業のあるべき姿であると理解されてきましたし、いまもなお、そう考える方は少なくないでしょう。しかし、企業=営利を追求する組織という単純な図式は、...
2019年12月、IASBより公開草案ED/2019/7「全般的な表示及び開示(注1)」が公表されました(以下、ED(2019)といいます)。当該ED(2019)は、国際会計基準の財務諸表、とくに損益計算書に大きくかかわるものとなります。そのため、その議論の行方によっては、国際会計基準を任意適用している日本企業にも影響を与える可能性があります。本レポートでは、当該E...
1.販売量を増加せず目標利益を確保する方法前々回このシリーズの(12)では、このシリーズの(6)以降で例示したラーメン店の数値例にもとづいて、ラーメン店が目標利益を達成するための限界利益を確保するための売上高と販...
リース取引に関わる開示事項
はじめに周知のとおり、2019年3月22日に開催された企業会計基準委員会において、すべてのリース取引について資産及び負債を認識する会計基準の開発への着手が了承されました。その後、新たなリース会計基準の開発に向けて、企業会計基準委員会及びリース会計専門委員会において、議論が行われてきました。今回は、これまでに検討課題となった重要な項目について、その内容と検討の方向性について紹介します。具体的には、「ファイ...
経営管理者は現場従業員に管理会計の意義・役割を語るべし!!
1.管理会計の二面的性質管理会計は組織業績の向上を期待して導入・実践されます。経営計画の策定ならびにそこで掲げられる利益目標の効率的・効果的実現のためには、管理会計は不可欠な存在といっても過言ではないでしょう。しかし、残念ながら、管理会計は常に組織業績に対してポジティブな効果のみをもたらすわけではありません。むしろ、管理会計を利用する場合、ポジティブな効果と同時にネガティブな効果も不可避的に発生してしま...
リース取引に関わる開示事項
はじめに企業会計基準委員会より2021年8月12日に公表された「現在開発中の会計基準に関する今後の計画」によると、リースに関する会計基準については、公開草案の公表に向けて審議がなされていることが記されています。新たなリース取引に関する会計処理方法として、いわゆる使用権モデルの導入を前提に、基準の文面を決定するために、最近の企業会計審議会(2021年10月8日開催)においても、継続して審議がなされています...
NPO法人における受取寄付金の会計処理としては、次のようなケースが考えられます。現金または預金により寄付を受ける場合creditcardにより寄付を受ける場合寄付を仲介する団体を通じて寄付を受ける場合寄付に対して返礼品を提供する場合現物で寄付を受ける場合換金型の現物寄付を受ける場合遺贈寄付を受ける...
2019年12月、IASBより公開草案ED/2019/7「全般的な表示及び開示(注1)」が公表されました(以下、ED(2019)といいます)。当該ED(2019)は、国際会計基準の財務諸表、とくに損益計算書に大きくかかわるものとなります。そのため、その議論の行方によっては、国際会計基準を任意適用している日本企業にも影響を与える可能性があります。本レポートでは、当該E...
1014件中 (1 - 10件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ > 最後 >>