経営研究リポート

MJS税経システム研究所・経営システム研究会の顧問・客員研究員による中小・中堅企業の生産性向上、事業活性化など、経営に関する多彩な各種研究リポートを掲載しています。

1129件中 (1 - 10件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ > 最後 >>
韓国の文在寅大統領によるGSOMIA(日韓秘密軍事情報保護協定)の破棄で戦後最悪の日韓関係になってしまった。と、思いきや今度は日本のEEZ(排他的経済水域)内で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突、北朝鮮は公式に日本に賠償と再発防止を求めたという。留まることを知らない隣国の暴挙に、日本はどのように対応していけばよいのか。 EEZ侵犯への対応 10月7日、能登半島沖の大和堆(やまとたい)で水産庁の漁業取締船と...
1.はじめに 11月が過ぎ、秋もぐっと深まってきました。秋は実りの季節、紅葉の季節、スポーツの季節…と趣深い季節である一方で、多くの台風が日本付近に接近する季節でもあります。特に今年は9月には台風15号、10月には台風19号と短い期間に続けて強力な台風が襲来し、各地に大きな被害をもたらしました。さらにその爪痕が大きく残る中で台風21号の影響による記録的な大雨により、千葉県や東北地方を中心に河川の氾濫や浸...
「令和の時代はどんな時代になるか」と時々質問される。その時自分は次のように答えることにしている。 「国内的には人口減少の時代、国際的には対立が深まり戦争の時代へ向かう。」 今回のレポートでは、日本国内における人口減少の問題について書くことにしたい。 未来が不透明な時代にあって確実に予測できるのは統計による人口予測だ。太平洋戦争が終わり、敗戦後のベビーブームといわれた出生数が毎年250万人にも達した時代...
【サマリー】 本稿から数回にわたり、公認会計士が実施する財務調査の一種である「株式上場のためのショート・レビュー」についての具体例を紹介します。ショート・レビューは公認会計士が行なう会社の経営診断の一つですが、株式上場に焦点を当てて対象会社が上場可能かどうかを見極める調査であり、会社の現状把握、解決すべき課題、改善ポイントおよび改善案の提示、上場するまでのスケジュールを短期間で調査・報告します。 ショート・レ...
【サマリー】 経済産業省は「キャッシュレス・ビジョン」を2018年4月に公表し、同年7月には産学官からなる「キャッシュレス推進協議会」を設立した。日本の経済基盤強化と成長戦略の重点政策としてキャッシュレス決済比率の向上が打ち出されている。またキャッシュレス決済の普及は、2020年のオリンピックによるインバウンドの急増、2019年10月予定の消費税増税による景気後退の下支えとしての政府主導のポイント還元のツールとして期...
【サマリー】 ・株式投資型クラウドファンディングGoAngelで資金調達に成功した住まいるサポート㈱の事例の紹介。 ・目標募集額600万円の公募増資。株主として参加したのは創業経営者の友人知人。 ・創業1年。初年度の決算確定前に募集。決算書に代えて第1期は予想数値を掲載。 ・正確な予想損益計算書と貸借対照表の作成と募集後の継続月次モニタリングに会計事務所が活躍。 ・会計事務所にとって従...
日本経済新聞社が8月30日から9月1日にかけて実施した世論調査によれば、日韓関係について「日本が譲歩するぐらいなら改善を急ぐ必要はない」と答えた人が67%に上ったという。 私にいわせればこの数値は低すぎる。本コーナーで再三指摘してきたことだが、国際条約を守れない国とはそもそも議論も交渉も成り立たない。日本は早急に韓国を国際舞台に引っ張り出し、正々堂々と批判するべきだ。 ○あまりに深刻な日韓関係 196...
1.はじめに 4 月から始まった新年度も10 月からは後半戦に突入しました。今年度は有給休暇の取得義務化などの働き方改革関連につき相次いで企業は対応を求められましたが、来年度以降も新たな課題が控えています。同一企業内における正規雇用労働者(正社員)とパートタイム労働者・アルバイト・有期雇用労働者などの非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消を定めた「パートタイム・有期雇用労働法」(現行の「パートタイ...
本稿の要旨 これまで、62回に渡り中小企業の事業再生と会計事務所の役割について整理してまいりました。今回は、事業再生にあたって会計事務所に期待されていることを具体的に明らかにします。さらに、企業経営者に課せられた社会的使命についても考察を加えます。 1.会計事務所に期待されること 会計事務所は堅実な職業会計人として着実な事業再生を目指すべきです。職業会計人は一目置かれている存在です。なぜならば、金融機...
サマリ 医療機関の広告には法的な規制がある。また近年では医療機関のホームページに対しても罰則付きのガイドラインが制定され、広告、広報活動が難しくなってきている。 このような状況下で、医療機関は広告、広報活動を行うべきなのかを整理する。 1.広告と広報 医療機関は広告に関して規制がかかっている。自由になんでも広告できないということである。 ◇ポジティブリスト(出典:厚生労働省) ...
1129件中 (1 - 10件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ > 最後 >>