実務情報

4842件中 (1 - 10件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ > 最後 >>
サマリ ビッグデータの利活用が広がっているが、医療分野においてもその取り組みが進んでいる。「医療ビッグデータ」とはどのようなデータで、どのように活用されることを想定しているのか。さらには、その課題も指摘する。 1.ビッグデータとは いわゆるデータやデータベースと呼ばれるものはあらかじめ決められたルール※に従ってデータ登録されている。企業などではこのデータベースを基に購買履歴の分析や売り上げ管理などが行...
《裁決のポイント》 原処分庁は、注文書等に記載された請負代金の支払条件である「検収に基づく出来高払い」の「検収」の文言の意味を誤って解していることから、請負による収益の額を部分完成基準により益金の額に算入すべきとした原処分の全部を取り消した事例である。 (平成23年4月1日から平成24年3月31日まで、平成26年4月1日から平成27年3月31日まで及び平成27年4月1日から平成28年3月31日までの各事業年度...
《裁決のポイント》 給与所得者である請求人が自宅で始めたネイルサロンについて、①営利性、有償性及び反復継続性の有無、②自己の危険と計画による企画遂行性の有無、③精神的及び肉体的労力の程度、④人的設備及び物的設備の有無、⑤職業・経験、社会的地位、生活状況、⑥相当程度の期間安定した収益を得られる可能性について総合的に検討し、社会通念に照らして判断すると、本件業務から生じた所得は、事業所得には当たらないとした事例である。&...
国税庁は、令和元年度税制改正による電子帳簿保存制度の見直しに伴い、令和元年7月に、電子帳簿保存法Q&A(一問一答)について、新たな問答を作成するほか、既存の問答の内容についても所要の整備を行った。 見直しの概要として、まず、法令の改正として 1.新たに業務を開始した個人の電子帳簿保存等の承認申請書の提出期限の特例の創設 2.承認を受ける前に作成又は受領をした重要書類のスキャナ保存の可能化が行われた(令...
Wantedlyを題材にして
【サマリー】 ・人材採用成功のための第一ステップは自社の商品力をまとめること。採用活動はマーケティングである。 ・弱者が強者に勝つ採用に有効な媒体Wantedly。 ・私どもの会社でWantedlyを実際に活用し効果を確認検証した。 ・人材採用のためにWantedlyで強制的なガイドに従って特長、理念、ビジョン、戦略をまとめることは、経営全体の見直しに極めて有益であ...
【サマリー】 産業構造の変革を促すためのリスクマネー供給」のインベストメント・チェーンの担い手には、「リスクマネー供給主体」「リスクマネー仲介機能」「リスクマネー供給先」があります。このリスクマネー供給主体の中で、産業構造の変革に直接的な役割を果たすSWFや年金などの公的ファンドの世界の潮流と共に日本の課題や解決の方向性を検討し、且つGPIF&INCJの改革について言及します。 1.リスクマネー供給主体とは&...
はじめに 前回まで、平成31年(2019年)1月18日付けで、企業会計基準委員会(ASBJ)から公表された企業会計基準公開草案第63号「時価の算定に関する会計基準(案)」並びに、企業会計基準適用指針公開草案第63号「時価の算定に関する会計基準の適用指針(案)」の内容を紹介してきました。その後、基準化されて、令和元年7月4日付けで、企業会計基準第30号「時価の算定に関する会計基準」(以下、時価算定基準)並びに企業会計基...
安倍政権は夏の衆参同日選の実施を見送る方針を固めた。内閣支持率が安定しているため、参院選だけでも優位を保てると判断したようだ。内閣発足から6年以上経つが、地方分権のための行政改革は進まなかった。世界情勢が混迷を極めるなか、日本の国際戦略と地方創生はどうなっていくのだろうか。 ○広域経済連携の確立が急務 米中貿易戦争の長期化が世界経済に悪影響をおよぼしている。が、トランプ大統領の対中強硬姿勢には一理ある。これま...
民法(相続法)改正により相続税法等の改正が予定されていることは今までも紹介してきたところであるが、財務省が令和元年7月3日に公表した「令和元年度税制改正の解説」(以下、「解説」)に、その詳細が記載されている。(※) なかでも、税務関連業界でとくに注目されていた「配偶者居住権の評価等」「遺留分侵害額請求への代物弁済」についても解説があるため概略を掲載する。 ● 配偶者居住権の評価等(相続税法の改正...
《裁決のポイント》 請求人が兄弟会社(分割法人)の債務を肩代わりしたことによる債権を放棄をして貸倒損失として損金の額に算入し、繰越欠損金のある確定申告をしたことについて、請求人が税負担軽減目的を有していたからといって、法人税基本通達9-4-1によれば、相当の理由がある場合には寄附金の額に該当しないところ、兄弟会社の経営悪化による請求人の不利益を避ける目的も有していた可能性を否定できないから、請求人が貸倒損失は寄附金の...
4842件中 (1 - 10件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ > 最後 >>