実務情報

4842件中 (71 - 80件表示)
−カリフォルニア州における立法の動向を中心にして−
1 はじめに 近時、上場会社の取締役会の構成に関し、一定の数や割合の女性取締役を任用することを義務づける動きが各国でみられています。この点、わが国でも、コーポレート・ガバナンスに関する制度の見直しやその前提となる議論は活発に行われてきていますが、後述するように、女性の会社役員の任用に関しては、少なくとも現行の制度レベルでは、それに関わる開示を促す、というレベル...
全部原価計算と直接原価計算 製品に対して生じるすべての製造原価を製品原価に集計する原価計算を全部原価計算といい、製品に対して生じる変動製造原価のみを製品原価とする原価計算を直接原価計算といいます。 図1 直接原価計算と全部原価計算の損益計算書の対比 直接原価計算は、全部原価計算の欠点を是正するために考案されました。それは固定製造原価を製品に負担させる問題です。例えば、今、固定製造原価を\10,...
1.はじめに 前2稿で、キャッシュレス化(社会)の現状と課題をレポートしました。包括的にまとめると、政府や行政機関、FinTech産業は補助金等による資金提供やTVコマーシャルによる話題作りによってキャッシュレス化を進めようとしている。一方の消費者や小規模零細事業者は、情報過多により自身のキャッシュレス化を如何に進めるべきか迷いの中にいる、という状況です。 キャッシュレス化に係るメディアの対応は古典的で、日本...
国税庁は平成31年4月2日「新元号に関するお知らせ」を発出した。 天皇の退位等に関する皇室典範特例法(平成29年法律第63号)に基づく皇位の継承に伴い、本年5月1日から元号が改められる予定であり、 新元号への移行に伴い国税庁ホームページや申告書等の各種様式を順次更新するとしている。 なお、納税者から提出する書類は、例えば平成31年6月1日と平成表記の日付でご提出いただいても有効なものとして取扱うこと...
《裁決のポイント》 太陽光発電設備(本件設備)は、その取得の日を含む事業年度の末日において系統連系のための工事が完了していないから、当該事業年度に事業の用に供されたとは認められないが、当該発電設備とともに取得した同設備を囲むフェンス、門扉等(本件フェンス等)は、その取得の日から機能を発揮しているから、当該事業年度に事業の用に供されたと認められ、特別償却の適用があるとした事例。 (平成27年4月1日から平成28...
イノベーションと市場価値創造
【サマリー】 ・企業のイノベーションは存続のために不可欠である。 ・新事業展開に際しては初期に「顧客開拓営業活動」と「資金の問題」の2つの壁がある。 ・新規事業の芽は自社の現在の事業と顧客に隠されている。 ・新規事業予算は自己資金でできる限り賄えるように現業を調整しよう。 ・事業は資金調達力に比例して拡大できると考えよう。 1.当社の市場価値は何だろ...
-国内宿泊業の実情(その1)-
1.はじめに 宿泊業が多様なサービスを提供するにあたっては、それぞれのサービスごと、あるいは、そのサービスを受ける顧客ごとに収益性を判断するにあたり、収益と費用の対応を考慮した管理会計情報が必要になります。マネジメントの観点からは、宿泊業についてどのような管理会計情報が利用されているかについて検討することで、観光産業における管理会計情報を検討するための手がかりを得られると考えられます。&...
1、収益増収策 ①ベッドコントロール(病床稼働率アップ) 一般病床、療養病床、回復期リハビリ病棟などの種々の病床種類はありますが、しばらくは新しい病床種類は増やさずという方針になりましたが、いずれにしても病床稼働率は、向上させなければなりません。幸い看護部が協力的でしたので、病棟師長を中心にベッドコントロールを行う仕組みとしました。病棟師長には病棟別の病床稼働率をフィードバックし、病床稼働率が1%上昇すると収...
今回の民法改正によって影響を受ける税務の一つに、遺留分制度の見直しが挙げれられる。 主な改正点は二つ。遺留分の算定方法が明文化され、また旧法で相続人に対する過去の贈与について特別受益の持ち戻し期間の制限のなかったものについて、10年間の期間制限が設けられた点(遺留分権利者に損害を加えることを知って行った贈与については期間制限なし)と、相続財産に対して当然に物権的な効果が生ずると解釈されていた(※)「遺留分減殺請求」が...
《裁決のポイント》 離婚に伴う財産分与が民法第768条の規定の趣旨に反して不相当に過大であるか否かは、財産の額や婚姻期間中の状況等の諸事情を考慮して、三要素(清算的要素、扶養的要素及び慰謝料的要素)に相当する額をそれぞれ算定した上で判断するのが相当であるところ、請求人が滞納者から財産分与により取得した財産の価額は、上記要素に基づき算定した財産分与相当額を下回るものであり、不相当に過大ではないから、国税徴収法第39条に...
4842件中 (71 - 80件表示)