実務情報

4790件中 (121 - 130件表示)
《裁決のポイント》 会社役員であって不動産貸付業を営む請求人が支出した固定資産税、自動車関係費用及び接待交際費を不動産貸付業務の必要経費に算入するためには、当該費用が、客観的にみて、当該業務と直接の関係を持ち、かつ、当該業務の遂行上必要な支出であると認められることが必要であるとした事例である。 (①②③平成24年分ないし平成26年分の所得税等の更正処分及び過少申告加算税の賦課決定処分、④平成24年1月1日から...
平成31年1月より個人納税者に係るe-Taxのメッセージボックスの閲覧については、セキュリティ対策の観点から、原則としてマイナンバーカード等の電子証明書が必要になり、操作方法が変更になります。 このため、メッセージボックスで個人納税者の顧問先に係る「所得税等、消費税及び贈与税の申告について」を確認するためには、個人納税者が指定する税理士等のメッセージボックスに転送することを設定する必要があります。 転送機能の...
《裁決のポイント》 請求人が夫から贈与を受けた居住用不動産(本件不動産)は、贈与を受けた時点で、他に売却することが予定されていたことから、相続税法第21条の6《贈与税の配偶者控除》に規定する「その後引き続き居住の用に供する見込みである場合」には該当せず、同条の規定(本件規定)の適用を受けることができる居住用不動産に該当しないとされた事例 (平成23年分の贈与税の更正処分及び過少申告加算税の賦課決定処分・棄却・...
1 はじめに 反対株主等(新株予約権者を含む)が株式等(新株予約権を含む)買取請求権を行使した際に、株主等と株式会社の間に株式等買取価格の協議が整わない場合には、裁判所に対して株式等買取価格決定の申立てをすることが認められていますが、この価格決定の際に生じる法定利息については、平成26年会社法改正によって仮払い制度による利息軽減措置が設けられ、さらに平成29年の民法・商法・会社法改正により、商事法定利率が廃止...
1.はじめに 前稿は、「不動産担保」について、基本理解から抵当権や銀行の不動産担保調査の内容について紹介した。 今回は、不動産担保の銀行の実査の実務、担保評価の方法や、担保設定時の銀行実務について紹介する。 2.不動産の実査 実査とは現地に行って不動産を実際に調査することである。 最初に、銀行の調査担当者がやることは、担保予定物件が、書類と実在の物件とが同一であるかどうかを確認すること...
1.部門間取引と振替価格 部門間で生産物(財・サービス)をやり取りする場合、部門業績を正しく測定するために、これを外部取引になぞらえて、生産物の受入部門が供給部門に対して所定の価格を支払う制度が設けられます。これを内部振替価格制度といいます。たとえば、生産部門が製造した製品を販売部門に振り替え、販売部門がこれを外部に販売する形態を採用している会社(これを「職能別部門制組織」(図1)といいます)では、生産部門の売上高が...
本記事は内容を改訂しているため、一時的に掲載を取りやめております。 大変申し訳ございませんが、改訂版が再掲載されるまで、しばらくお待ちください。 提供:税経システム研究所
《裁決のポイント》 請求人は、仮に元関与税理士法人から預金通帳の返却を受けていなくても、金融機関に対して、預金通帳の再発行の手続や預金口座の異動履歴状況の分かるものの発行の手続をすれば、預金通帳その他預金口座の状況を証する書類を容易に取得できるのであるから、それらの手続をせずに、預金通帳その他預金口座の状況を証する書類の提示をしないことは、徴収担当職員の検査を拒んだものといわざるを得ないと判断された事例。 (...
国税庁は今月8日、「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」の改訂を発表している。 同Q&Aは平成28年4月に公表されたのち、過去数回の改訂・追加を行っており、今回も飲食料品の譲渡の範囲や外食の範囲、並びに区分請求書等の記載方法等の全般にわたり、およそ10数問の改訂・追加が行われている。 中でも、スーパーマーケットやコンビニエンスストアに休憩スペースやベンチが設置されている場合の取り扱いについては、...
1.シリコンバレーにあって日本に無い統合機能 日本は欧米先進国に追いつけ追い越せと頑張り、世界に類を見ない金融ストック型社会を実現しましたが、その結果ストックを活かしきれないまま、少子高齢化を加速した、課題先進国になりました。ダイナミックな技術・社会変革の波に抗しきれず、再度欧米先進国を追う現実となり、ここ20年間世界の起業家社会を牽引したシリコンバレーに学ぼうとしています。 技術ベンチャーを輩出し続けている...
4790件中 (121 - 130件表示)