株式上場物語

株式上場を目指すF社(架空の会社)の歩みを、上場準備の初期段階からたどって行きます。物語は、IPO実務のベテランが、上場準備室の若手社員にそのノウハウを伝授する会話形式で進行します。上場会社になるとは何を意味するのか、何を要求されるのか、上場実現までにしなければならないことは何か、等々について毎回論点を提示し、読者とともに考えて行く内容です。

35件中 (31 - 35件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 次のページ > 最後 >>
本シリーズでは、2020年の秋を目途に株式上場を目指すF社という架空の会社を想定し、その上場実現に至る歩みを同時進行的に追いかけて行く。同社は2016年4月に上場準備室を開設したが、外部から招聘したアドバイザーのS氏(常勤監査役)と若手室員のA君(男性)とBさん(女性)が主な登場人物である。以下、3人の会話を中心に物語は進む。 <2017年1月某日 於F社本社小会議室> ■上場準備体制強化 S...
本シリーズでは、2020年の秋を目途に株式上場を目指すF社という架空の会社を想定し、その上場実現に至る歩みを同時進行的に追いかけて行く。同社は2016年4月に上場準備室を開設したが、外部から招聘したアドバイザーのS氏(常勤監査役)と若手室員のA君(男性)とBさん(女性)が主な登場人物である。以下、3人の会話を中心に物語は進む。 <2016年12月某日 於F社本社小会議室> ■株式上場ができる都市...
本シリーズでは、2020年の秋を目途に株式上場を目指すF社という架空の会社を想定し、その上場実現に至る歩みを同時進行的に追いかけて行く。同社は2016年4月に上場準備室を開設したが、外部から招聘したアドバイザーのS氏(常勤監査役)と若手室員のA君(男性)とBさん(女性)が主な登場人物である。以下、3人の会話を中心に物語は進む。 <2016年11月某日 於F社本社小会議室> ■上場までのタイム・スケジュ...
本シリーズでは、2020年の秋を目途に株式上場を目指すF社という架空の会社を想定し、その上場実現に至る歩みを同時進行的に追いかけて行く。同社は2016年4月に上場準備室を開設したが、外部から招聘したアドバイザーのS氏(常勤監査役)と若手室員のA君(男性)とBさん(女性)が主な登場人物である。以下、3人の会話を中心に物語は進む。 <2016年10月某日 於F社本社小会議室> ■上場のメリットとデメリット...
■はじめに ここにF社という架空の会社を想定し、2020年の秋頃を目途に株式上場を目指すF社の歩みを、2016年の現時点から同時進行的に追いかけて行くことにしたい。 内部管理体制整備の話が中心となるが、上場会社になるとは何を意味するのか、何を要求されるのか、上場実現までにしなければならないことは何か、中でも短期間で優先整備すべき項目は何か、整備にあたって考慮すべき留意点は何か、してはならない禁じ手は何か、等々...
35件中 (31 - 35件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 次のページ > 最後 >>