速くてもミスしない! 公認会計士の仕事術講座

大事なことを見落としてしまう、時間切れになってしまうなど、皆さまが仕事をされる中で何としても回避したい問題はいろいろあるはずです。
筆者はこれまで、向き合うべき課題がいっぱいの監査現場を経験してきました。ミスが許されない、期限厳守などたくさんの課題があるからこそ、それを解決するために様々なツールや仕組みが創り出され、活用されていました。その中から、読者の皆さまの仕事の場で起きている課題解決のためにも役立つものを厳選して紹介していきますので、是非ご活用下さい。

1.はじめに ここまで3回にわたり、ミスが許されず、かつスピードも重視されるという、相反するような課題に向き合うための仕事術を取り上げています。ミスなく速く仕事をこなしていくためには、しっかりとやっておかなければならないことには時間をかける一方、相対的に重要でないことには時間をかけ過ぎないようにする、つまり「メリハリ」を付けて仕事をすることが肝になります。そして、「メリハリ」を付けて仕事をするために重要なことが次の3...
1.はじめに 前々回から、ミスが許されず、かつスピードも重視されるという、相反するような課題に向き合うための仕事術を取り上げています。ミスなく速く仕事をこなしていくためには、しっかりとやっておかなければならないことには時間をかける一方、相対的に重要でないことには時間をかけ過ぎないようにする、つまり「メリハリ」を付けて仕事をすることが肝になります。 そして、「メリハリ」を付けて仕事をするために重要なことが次の3...
1.はじめに 前回から、ミスが許されず、かつスピードも重視されるという、相反するような課題に向き合うための仕事術を取り上げています。ミスなく速く仕事をこなしていくためには、しっかりとやっておかなければならないことには時間をかける一方、相対的に重要でないことには時間をかけ過ぎないようにする、つまり「メリハリ」を付けて仕事をすることが肝になります。そして、「メリハリ」を付けて仕事をするために重要なのが次の3つのステップで...
1.はじめに 第4回までは、監査現場における数々の課題の中から、ミスが許されない現場である点にスポットを当て、問題を見落とさないため、あるいはミスを起きにくくするために公認会計士が使っている仕事術について取り上げてきました。また、前回はスピード重視の現場である点にスポットを当て、期限オーバーを防ぐ仕事術を取り上げました。 今回からは、ミスが許されず、かつスピードも重視されるという、相反するような課題に向き合う...
1.はじめに 前回までは、監査現場における数々の課題の中から、ミスが許されない現場である点にスポットを当て、問題を見落とさないため、あるいはミスを起きにくくするために公認会計士が使っている仕事術について取り上げてきました。 ただし、いくらミスが許されない現場だと言っても、ミスをしなければどんなに時間をかけても良いわけではありません。「スピード」重視、これも監査現場における重要な課題の1つです。 そこで...
1.はじめに 「第2回 「念には念を」で問題を見落とさない仕事術」と「第3回 標準化でミス防止 」では、監査現場における数々の課題の中から、ミスが許されない現場である点にスポットを当て、問題を見落とさないため、あるいはミスを起きにくくするために公認会計士が使っている仕事術について取り上げました。 今回は、実施した業務などを「見える化」することでミスを削減する仕事術を取り上げることにしま...
1.はじめに 前回(「第2回「念には念を」で問題を見落とさない仕事術」)は、監査現場における数々の課題の中から「(1) ミスが許されない監査現場」である点にスポットを当て、公認会計士が「念には念を」入れる仕事術で問題を見落とさないようにしていたことを説明しました。 今回は、引き続き「(1) ミスが許されない監査現場」である点にスポットを当て、誰が担当しようとミスを起こしにくくする仕事術、「標準...
1.はじめに 前回(「第1回 実は課題がいっぱいの監査現場」)の記事では、監査現場には向き合うべき課題がいっぱいあること、そしてそれを解決するために監査法人では様々なツールや仕組みを創り出し活用していることを説明しました。 その中でふれたように、監査現場には以下のような数々の課題があります。 (1)「ミス」が許されない監査現場 (2)「スピード」重視の監査現場 (3)「ミスなし...
1.はじめに 私は公認会計士で、以前、監査法人で財務諸表の監査業務に従事していた人間ですが、読者の皆さんは監査法人とか公認会計士に対してどんなイメージをお持ちでしょうか? 正直あまりイメージが湧かないかもしれません。何故なら、監査法人あるいは公認会計士の仕事は、やるべき仕事がきっちりできているのが当たり前で、問題がないときは話題に上ることはほとんどないからです。逆に、会計不祥事などの問題が起きると、「監査法人...