中小企業の会計

「中小企業の会計」を考える -「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察-
「中小企業の会計に関する指針」と「中小企業の会計に関する基本要領」の差異を明らかにしながら、前者を「優良中堅企業」向けの会計スタンダードとし、その意義を再確認するためのリポートを掲載しています。

――「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察―― (第11回) 各論 その8――棚卸資産(1) 今回は、「中小企業の会計に関する指針」(2005.8、以下「中小指針」)と、「中小企業の会計に関する基本要領」(2012.2、以下「基本要領」)の各論の8回目として、「棚卸資産」を取り上げる(紙数の都合で今回と次回の2回に分ける)。 毎回同じことを繰り返すが、本稿の目的は、中小指針...
――「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察―― (第10回) 各論 その7――有価証券(2) 今回は、「中小企業の会計に関する指針」(2005.8、以下「中小指針」)と、「中小企業の会計に関する基本要領」(2012.2、以下「基本要領」)の各論の7回目として、前回に続き「有価証券」を取り上げる。毎回同じことを繰り返すが、本稿の目的は、中小指針と基本要領の差異を明らかにしながら、前者...
――「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察―― (第9回) 各論 その6――有価証券(1) 今回は、「中小企業の会計に関する指針」(2005.8、以下「中小指針」)と、「中小企業の会計に関する基本要領」(2012.2、以下「基本要領」)の各論の6回目として、「有価証券」を取り上げる(紙数の都合で今回と次回の2回に分ける)。 毎回同じことを繰り返すが、本稿の目的は、中小指針と...
――「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察―― (第8回) 各論 その5――貸倒損失、貸倒引当金(2) 今回は、「中小企業の会計に関する指針」(2005.8、以下「中小指針」)と、「中小企業の会計に関する基本要領」(2012.2、以下「基本要領」)の各論の5回目として、前回に続き「貸倒損失、貸倒引当金」を取り上げる。内容としては貸倒引当金の続きである。 毎回同じことを繰り返...
――「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察―― (第7回) 各論 その4――貸倒損失、貸倒引当金(1) 今回は、「中小企業の会計に関する指針」(2005.8、以下「中小指針」)と、「中小企業の会計に関する基本要領」(2012.2、以下「基本要領」)の各論の4回目として、「貸倒損失、貸倒引当金」を取り上げる(紙面の都合で今回と次回の2回に分ける)。 毎回同じことを繰り返すが、...
――「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察―― (第6回) 各論 その3――金銭債権及び金銭債務(2) 今回は、「中小企業の会計に関する指針」(2005.8、以下「中小指針」)と、「中小企業の会計に関する基本要領」(2012.2、以下「基本要領」)の各論の3回目として、「金銭債権及び金銭債務」(前回の続き)を取り上げる。 毎回同じことを繰り返すが、本稿の目的は、中小指針と基...
――「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察―― (第5回) 各論 その2――資産、負債の基本的な会計処理/金銭債権及び金銭債務① 今回は、「中小企業の会計に関する指針」(2005.8、以下「中小指針」)と、「中小企業の会計に関する基本要領」(2012.2、以下「基本要領」)の各論の2回目として、「資産、負債の基本的な会計処理」並びに「金銭債権及び金銭債務」を取り上げる。 本...
――「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察―― (第4回) 各論 その1――収益・費用の計上 今回から、「中小企業の会計に関する指針」(2005.8、以下「中小指針」)と、「中小企業の会計に関する基本要領」(2012.2、以下「基本要領」)の各論の展開に入る。 各論では、会計処理項目の配列順序が問題になるが、中小指針がオーソドックスに貸借対照表の「資産の部」(各論のトップは...
――「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察―― (第3回) 総論 ■目的 前回は、「中小企業の会計に関する指針」(2005.8、以下「中小指針」)と、「中小企業の会計に関する基本要領」(2012.2、以下「基本要領」)が登場した歴史的な背景と経緯を探ってみた。今回からは、いよいよこれらの中身に入っていくことにしたい。 まず、中小指針と基本要領の各序論の中で、それぞれが掲げる...
――「中小指針」と「基本要領」の棲み分けについての考察―― (第2回) 「中小指針」・「基本要領」が制定された背景と経緯 ■中小企業会計の戦後史 日本の中小企業には、「中小企業の会計に関する指針」(2005.8、以下「中小指針」)と、「中小企業の会計に関する基本要領」(2012.2、以下「基本要領」)という二つの会計スタンダードが用意されていること、これらの利用が想定される企業層は明らかに異な...