経営トピックス

タナベ経営提供の月に3回ご提供する経営トピックス。経営の不易と流行を説き、企業経営の指針としてご活用になれます。

414件中 (1 - 10件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ > 最後 >>
戦略とは、持てる経営資源の再配分である。実は、経営の中で最も大切な資源配分は、会社寿命の90%以上を決める「トップ人事」という資源配分である。トップ人事とは、社長1人のことではなく、トップマネジメントを担う経営チーム全体を意味している。トップ人事は人的な資源配分に加えて、会社全体の時間という資源配分を決めるからだ。 トップ陣の時間の使い方もそれぞれ異なるが、承継者の性格特性と経営行動の様式が組織風土を形づくっているこ...
事業の目的を突き詰めて考えると、「顧客を創造すること」にほかならない。顧客を創造するには、常に固有技術を磨き、顧客にとって存在価値の高い企業になることが求められる。 実際には、事業を構成する要素は多岐にわたっており、複雑に入り組んでいる。しかしながら、全体的な視野から事業戦略の方向性を検討する上では、なるべくシンプルに頭の中を整理することが、本質をとらえた答えを導く近道となるだろう。 よってここでは、事業戦略...
会社の業績を上げ続けていくために重要なものの1つに先行管理がある。先行管理には、数値管理、情報管理、行動管理があるが、多くの会社は数値管理をすることが先行管理であると考えているきらいがある。6ヶ月先の受注、販売在庫などに関する数字を積み重ね「半年後にはこれだけのリターンが見込まれる」と予測する。数値は見えるから安心してしまうのである。 仮に、半年後に黒字になるといっても、それはあくまで仮説である。計算上で数字を埋める...
会社(組織)において、危機感はどこから生まれるのか? コンサルティングの現場で赤字会社を数多く診てきたが、「赤字の会社だから危機感を強く持っている」というわけでもない。むしろ、毎期増収増益にチャレンジする「成長意欲が高く、業界平均よりも収益性の高い企業」ほど危機感を強く持ち、経営を行っているように感じる。 毎期成長を続けている、ある中堅卸売会社は、訪問計画と実績のズレは5%以内、予定粗利益率の下ブレは0.1%...
企業において、新しい事業や新しい分野を育てていく際によく見られるのが、その取り組み自体が「ついでの事業」、あるいは「おまけの分野」になっているケースである。それぞれの会社の事情もあるが、新規事業あるいは新分野の開発は、企業の盛衰をかけた取り組みであるだけに、中途半端な戦略を立てることがどれだけ危険かは言をまたないであろう。このような事態を引き起こさないようにするための着眼は、次の5点に集約できる。 1.新規事業・新分...
経営計画は「晴れ」「曇り」「雨」のうち、どれを想定して立案したら良いのだろうか。基本的には「曇り」で始めるべきである。「うまくいくと晴れる可能性もあるな」というレベルがちょうど良い。 「曇り」で計画を立てるということは、「雨」で経営環境が悪化することも想定して、そうなった時の「次善の策」をも講じておくということだ。だから変化にも対応できる。 「晴れ」て環境が好転すれば言うことはない。「晴れ」で計画を立てると、...
「経営能力とは何か」と問われれば、それは「事業センスと経営センス」であると言える。 しかし、それは突き詰めれば「バランス感覚」ということになる。 まず、「事業センス」とは何かと言うと、それは「世の中で受け入れられる製品やサービスを発見する能力」である。 つまり「こういう製品を作ればヒットする」という開発感覚であり、「こういうサービスは、いま世の中で求められている。必ず普及する」というニーズ感覚である。...
A社に訪問すると、B社長の大きな声が聞こえてきた。 B社長「どうして決めたことができないんだ!」 C部長「すみません。忙しくて、それどころじゃなかったんです」 B社長「忙しいことは理由にならないだろう。だったらどうして決める前に、できないと言わないんだ」 C部長「……」 こういった会話は、会議の場でもよく目にする。職業柄、さまざまな企業の会議に参加させていた...
ある企業の幹部が、次のようなことを言い合っていた。 A幹部「最近の若手には、どうしてやる気が見られないんでしょうかね」 B幹部「最近の新人は、仕事に対する考え方が甘すぎると思いませんか? 私たちが新人だったころは、もっと真剣に仕事に取り組んでいたような記憶がありますよ」 C幹部「少し叱ったら落ち込んで会社を休むし、叱らなかったら全然仕事の改善が見られないし。いっこうに成長しないのは、どうしたも...
「三月」と「行進曲」には共通点がある。それは英語のつづりが同じ(March)ということだ。これにちなんで三月一日は「行進曲の日」とされる。行進曲には「結婚行進曲」と「葬送行進曲」がある。さて、学生たちの頭の中でどちらが流れただろうか。三月一日、二〇一八年三月卒業予定の大学三年生らを対象とした企業説明会が解禁され、就活が本格的にスタートした。面接など選考活動の解禁日は六月一日。七月は大学の前期試験が行われるため、内定解禁日(十...
414件中 (1 - 10件表示)
<< 最初 < 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ > 最後 >>